地福寺(気仙沼)

地福寺(気仙沼)
「めげない にげない くじけない」地福寺のサイトへようこそ

2019年2月15日金曜日

御朱印をお求めの方が増えています


以前から、地福寺の片山住職直筆の絵入り御朱印をご紹介させていただいておりますが、このごろ御朱印をお求めの方が増えております。

普段は書き置きのものをお求めいただいておりますが、片山住職が対応できる場合は御朱印帳に直書きをしております。

※特に直書きの御朱印は、準備の関係で事前にご連絡をいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。詳しくは地福寺の御朱印のページをご確認ください。

本日は涅槃会です

本日、2月15日は涅槃会です。

涅槃会とは釈迦の入滅の日に行なわれる法要で、地福寺をはじめほとんどのお寺では毎年2月15日にとりおこなっています。当山、地福寺でもお経をあげお祈りをいたしました。

また、涅槃会では釈迦入滅の様子が描かれた大涅槃図を掲げます。地福寺では上写真の涅槃図を掲げております。ご参拝の方にはご自由にご覧いただけます。

この大涅槃図は、1年の間でこのときにしか掲げないものですから、ぜひご覧になってみてください。

本日の地福寺(2月15日、くもり)


本日の地福寺周辺はくもり、先日積もった雪がまだ残っています。天候はくもりで、寺務所から一歩出ると足がこごえるようです。

来週には気温が上がるような予報も出ていたようですが、今日の様子を見ると想像できませんね。


旧向洋高校跡地に準備中の気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館に注目すると(下写真左建物)、校舎前の駐車場でしょうか、アスファルトの平らな部分が広がっているのが見えます。3月10日オープン予定で作業していると聞いていますので、現在は工事も終盤に入っているのでしょうか。

ユンボやトラックの往来がにわかに増えたような気がいたします。


地福寺の玄関には、近隣で予定されている様々なイベントの告知が掲示されています。下写真は3月10日、午前中に海の市、午後2時〜地福寺で開催される復興応援コンサート(女川では3月9日)のポスターが掲示されています。


また、お寺で婚活(吉縁会)のポスターも掲示されています。


お寺で婚活「吉縁会」では、定期的に新規会員登録会を予定しています。

→新規会員登録会
3月10日(日)保春院(仙台市若林区)
4月13日(土)傑山寺(白石市)

→吉縁会(年4〜6回程度を予定しています)
4月14日(日)保春院(仙台市若林区)
5月25日(土)傑山寺(白石市)

詳しくは吉縁会ホームページをごらんください。


2019年2月5日火曜日

本日の地福寺(2月5日、快晴)


本日の地福寺周辺は快晴、気温も高く過ごしやすい気候となりました。

祈りのひろばのお地蔵様も、表情がやわらかく見えます。


境内の松にはまつぼっくりが大きくなってきています。昨日は立春でしたが、春は確かに、近づいてきているようですね。(・・・とはいえ、まだまだ寒い日がやってきそうですが)


地福寺に入ると、片山住職の話し声が聞こえてきました。今日は東北放送のアナウンサーさんがいらっしゃって、片山住職の音楽説法グループ、カッサパ(三迦葉) の取材および収録をしていらっしゃいました。

聞くとこの模様は3月11日の東北放送(ラジオ)特番にて放送されるそうです。


2019年2月1日金曜日

2月15日 涅槃会(ねはんえ、会場:地福寺本堂)

2月15日、地福寺本堂にて、涅槃会をおこないます。

涅槃会とは、釈迦の入滅の日に行なわれる法要で、地福寺をはじめほとんどのお寺では毎年2月15日にとりおこないます。

涅槃会では、釈迦入滅の様子が描かれた大涅槃図を掲げ、お祈りをします。

この大涅槃図は、1年の間でこのときにしか掲げないものですから、ぜひご覧になってみてください。自由参拝とさせていただきます。

3月10日 復興応援コンサート(会場:地福寺、主催:海の里創造基金)

3月10日、気仙沼の復興を応援しようと、2組のミュージシャンが気仙沼海の市、そして地福寺にやってきます。

ティンカーベル(ハンドベル・トーンチャイム演奏)

ミュージックベルとトーンチャイムの2つの楽器を使い、ティンカーベル独自の音の世界を確立。「癒やしのベル演奏で心通わすコンサート」をテーマに広く活動している。「全国ミュージックベル合奏コンテスト」受賞。

イルヴィンコージ(ギタリスト・シンガーソングライター)

川中美幸、つのだ☆ひろ一押し!圧巻の超絶ラテンギタリスト!オリジナリティ溢れるリズム感と感性、磨き上げられた唯一無二の音色と超絶技巧は必見!

復興応援コンサート

  • 2019年3月10日(日)午後2時〜
  • 地福寺にて(気仙沼市波路上牧44)
  • 入場無料
  • 当日午前10時〜気仙沼海の市でも公演があります
  • 主催:一般財団法人 海の里創造基金

2月27日 新春チャリティーコンサート ザ・クラシック笑(主催:国際ソロプチミスト気仙沼)

1月31日の三陸新報に寄稿されていましたのは、2月27日に開催される新春チャリティコンサート「ザ・クラシック笑」のことです。

主催の国際ソロプチミスト気仙沼は、「女性と女児の明るい未来のために」をテーマとして地域社会と世界中から貧困を根絶し、生活を向上させるための支援活動を行っています。同団体は来年度で認証30年を迎えるそうです。

新春チャリティコンサート「ザ・クラシック笑」


  • 2月24日(日)15時開場、15時半開演
  • 気仙沼プラザホテル「飛天の間」
  • チケット:3,000円
  • チケット販売:あさひ鮨(気仙沼市南町)、モードさいと(気仙沼市田中前)、気仙沼プラザホテル
  • コンサート当日の収益金は市内の福祉団体へ寄付するとのこと
  • 主催:国際ソロプチミスト気仙沼