地福寺(気仙沼)

地福寺(気仙沼)
「めげない にげない くじけない」地福寺のサイトへようこそ

2021年1月1日金曜日

謹賀新年

謹賀新年

地福寺 住職 片山貴道

地福寺檀信徒の皆様には、新年をお迎えになられて謹んでお慶び申し上げます。昨年は先住、秀光和尚より法を受け継ぎ、住職を拝命しました。また、新型コロナウイルス蔓延の為、社会全体が何もできない事態となってしまいました。お寺の行事も中止を余儀なくされ、皆様には多大なる御迷惑をお掛けし深くお詫び申し上げます。

今もまだコロナ禍であり、戸惑いながら生活していることと思います。禅語に「看脚下(かんきゃっか)」という言葉があります。ある禅僧が三人の弟子を連れて行燈を持ち、暗い夜道を歩いていると、一陣の風が吹いてきて、その灯が吹き消されて真っ暗になってしまいました。そこで三人の弟子たちに向かって質問しました。「暗い夜道を歩く時は明かりが必要だ。その明かりが今消えてしまった。さあお前たち、この暗闇の中どうするか」と。

ここでの暗闇とは、行先の見えない世の中をどう生きるかという問いです。詳細は省きますが、弟子の一人は「すべてがうまくいく」と楽観的な考えを答え、二人目の弟子は「すべてがうまくいかなくなる」と悲観的な考えを答えます。それに対し三人目の弟子は「足元をよく見て歩きます(看脚下)と答えたのです。それを禅僧は「その通り」と認めたのです。コロナ禍においても、先のことを想像して楽観的、悲観的に考えるのではなく、まずはまさに「足元を見る(今あるものをしっかりと捉える)」ということが大切なのです。

今年は丑年でございます。「丑」は「紐」(「ひも」「曲がる」「ねじる」の意味)で、芽が種子の中に生じているものの、出かかって表面に出てきていない状態を表しているといわれており、芽吹きを迎えようとする年であります。また、本年は東日本大震災から十年という節目を迎えます。毎年、追悼のイベントを企画して下さっております、福聚寺様が震災十年追悼として、様々計画をしていただいております。追悼行事が無事圓成するため、一日も早いコロナウイルスの収束を祈るとともに、皆様方のご多幸をお祈り申し上げます。

2020年12月29日火曜日

年末年始のご案内

令和2年 除夜の鐘について

例年大変多くの参拝をいただいております除夜の鐘ですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、地福寺役員のみで執り行います。これにともない、ご参拝いただく事は出来ません。 また、御朱印に関しても、年末年始は受付を中止とさせていただきます。 何卒ご理解くださいますようお願い申し上げます。

地福寺 1月の行事について

  • 1月1日〜3日 修正会
  • 1月4日 年頭回例
  • 1月16日 正月参り
    (つるし雛展示は今回は行われません)
1月16日のお寺参りについては、新型コロナウイルス拡大防止のため、昨年のお盆参りと同様に、本堂でのお参りのみとさせていただき、花園会館での小休止をご遠慮いただくことといたします。何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

2020年10月5日月曜日

本日の地福寺(10月5日、雨)

本日の地福寺周辺は小雨となりました。
すっかり涼しく、過ごしやすい気候となっております。

午後からは晴天となるようです。
秋の絶好の観光日和ですが、いかんせんこのご時世ではマスクが苦しくて、どうにも羽を伸ばして観光するような雰囲気にはなかなかなれそうにありません。
ですが、そこは創意工夫の精神で、楽しみを見つけていきましょう。

今日は、住職は寺務所で事務仕事を、閑栖(かんせい:前住職のこと)は御朱印の対応をしております。

花園会館から旧向洋高校(現伝承館)の方向を見ると、パークゴルフ場でたくさんの方が楽しまれているのが見えました。この時期は汗を流すのにとても良さそうですね。

気仙沼パークゴルフ場のホームページはこちらです
http://kesennuma-pg.or.jp/

2020年9月18日金曜日

「地福寺だより」秋彼岸号が発行されました

地福寺だより 秋彼岸号が発行されました。
閑栖(前住職)の退任挨拶をはじめ、新住職、新総代長のご挨拶などが掲載されています。

今年の彼岸は9月19日から25日までとなります。
9月22日午前10時からは本堂にてお彼岸供養を行います。

自由参拝ですので、感染症対策のうえ
ご参加ください。

また、今年の海の殉難者慰霊法要は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、漁協役員関係者のみでとり行うこととなりましたのでお知らせいたします。

2020年8月28日金曜日

本日の地福寺(8月28日、快晴)

本日も地福寺周辺は快晴、抜けるような夏空が広がっています。 朝晩の暑さは多少おさまってきたとはいえ、境内に居るとジリジリと音が聞こえるようです。

屋外で作業される方は、どうぞお気をつけてお過ごしください。

寺務所では、秋彼岸を前に地福寺だより(地福寺の檀家さま向けに作成している新聞)の打ち合わせがスタートしています。 およそ2週間程度で形になるようです。

2020年8月21日金曜日

本日の地福寺(8月21日、快晴)

※先日の地蔵盆では、迎え火の法要のあと、新住職就任式/現住職退山式をとり行いました。
その際の模様については、追ってお知らせいたします。

本日の地福寺周辺は快晴、おそらく今日も広い範囲でどちらも快晴なのだと思われます。
気温もどんどん上昇し、外は大変暑いですが、日陰が涼しく感じられる、そんな季節になってきたようです。

東北の夏はお盆を過ぎると雰囲気が変わってきます。
岩井崎には蜻蛉がたくさん飛んでいました。

今年は地蔵盆も、みなとまつりもなかったので、なんだかあっという間にお盆が過ぎてしまったような気もします。

岩井崎には、観光客や、地元の海水浴客が少し訪れていて、波音の間に歓声が聞こえてきました。

2020年8月5日水曜日

地福寺 令和2年 お盆の予定について


8月に入り急に暑くなって参りましたが、みなさまご健勝のことと存じます。
地福寺のお盆の行事をご案内させていただきます。

なお、本年は新型コロナウイルス感染症対策として、一般のお客様のご参加・ご参拝はご遠慮ください。ご協力をいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

初盆供養

8月6日木曜日 10:00-

該当の方は塔婆を取りにいらしてください。

お墓の清掃

8月7日金曜日 6:00-

お盆を迎える前にお墓を綺麗にしましょう。対象:檀家さん

地蔵盆(お盆の迎え火)

8月13日 15:00-

今年はおまつりはありません。宮城福島教区第1部の和尚様方で御供養いたします。
一緒に、新住職就任式/現住職退山式をとり行います。

お寺まいり(お盆の送り火)

8月16日

密にならないように配慮いただいた上でお参りください。
なお、例年行っておりました花園会館でのお茶だしは遠慮させていただきます。ご理解のほどお願いいたします。