地福寺(気仙沼)

地福寺(気仙沼)
「めげない にげない くじけない」地福寺のサイトへようこそ

2018年6月17日日曜日

本日の地福寺(2018年6月17日、くもり)


本日の地福寺周辺はくもり、上に一枚羽織らないといけないくらい、肌寒い一日となりました。


あれ、と思い、スタッフが思わず海晏のほうを撮影したのですが、少しスッキリとしているように見えます。片山住職に聞くと、先日剪定作業をされたとのこと、納得です。境内が綺麗にさっぱりとしていました。


雲は厚く、ご覧のように寒々しい気候となりました。街道沿いには厚着した婦人の姿も見られたほどです。


海に目をやると、今日は海上に白波が立っているようです。水平線ははっきりとしているので、遠く沖の方は雲が無いのでしょうか、それとも雲が高いところにあるのでしょうか。

また、上の写真の左側の、向洋高校跡地を見ると、工事中の足場で囲われているようでした。ズームで撮影してみましょう。


ご覧の気仙沼向洋高校跡地は、2011年3月の東日本大震災の震災遺構として保存工事がはじまっています。予定では2019年3月から公開の予定とのことです。

大震災のときには津波が校舎の4階まで到達し、建物も大きな被害を受けています。その写真は地福寺の花園会館で展示しておりますので、いらした際にはぜひご覧頂ければと存じます。


最初の写真でも花が咲いていましたが、花園会館でコップ一輪挿しのお花がいけてありました。気仙沼では季節ごとの食も大きな楽しみですが、お花も季節ごとの楽しみですね。


寺務所ではストーブが活躍しております。夏はまだ、もう少し先になりそうですね(といっていると、すぐに暑い日が戻ってきそうな気もしますが)。片山住職は、今日は襟巻きをして過ごしています。

2018年6月9日土曜日

本日の地福寺(2018年6月9日、くもり)


今日の地福寺周辺はくもり、涼しい風が吹き抜けています。午前に法事を務めた片山住職は、ラグビー日本代表を応援しています。日本リードで前半を終え、後半の応援も熱が入りそうです。

東山副住職は、新盆供養の準備ということで本堂で作業をしているようです。


ご覧のように暗く見えますが、遠くまで雲が厚く、今日はかなり涼しい日となりました。


地福寺の玄関には、歌手・大城バネサさんの新曲、長良川悲恋のポスターが掲示されています。8月25日に地福寺でコンサートを予定しています。ファンの皆様、どうぞお楽しみに!


海に目をやると、今日は海上には波はあまり立っていないようです。地福寺からは旧向洋高校の校舎が見えますが、このあたりに建設が予定されている新しい施設についてのお話でもちきりでした。賑やかなエリアになるといいですね。とても楽しみです。


上の写真から右方向に視線を転じると、田植えが終わった田んぼが見えます。「今日の地福寺」を毎週御覧頂いている皆さんにはこの、とてもスピード感のある変わりようがおわかりいただけると思います。ざわざわとなびく稲穂がきらめく秋がとても楽しみですね。

2018年6月2日土曜日

7月5日 寺子屋寄席(チケットあります)


7月5日、地福寺本堂にて「寺子屋寄席」を開催いたします。

落語や紙切り、太神楽による賑やかな舞台をお楽しみ頂けます。

イベント名:寺子屋寄席
出演:(落語)柳亭市弥、(紙切り)林家正楽、(落語)林家たけ平、(太神楽曲芸)鏡味仙三郎社中、(落語)柳亭左龍
日時:7月5日 18時開場、18時半開演
開場:地福寺
木戸銭:3,000円(前売)/3,500円(当日)

チケットは地福寺でもお求めいただけます。お気軽にお声がけください。

本日の地福寺(2018年6月2日、快晴)


本日の地福寺周辺は快晴、ご覧のように抜けるような青空です。

「今日は天気がいいから」と東山副住職が境内の手入れに汗を流しています。

先日ご紹介した地福寺の御朱印の記事(過去の記事)をご覧になり、福島や名古屋からも御朱印をお求めになるお客様がいらっしゃっています。

これをうけて片山住職が張り切って御朱印を書いています。※書き置きの場合は問題ありませんが、御朱印帳に直書きをご希望の場合は事前にお電話ください。片山住職が対応できる場合のみとさせていただきます。


海に目を遣ると、今日は海と空の境界線がすっかりくっきりとしています。白波と深い海の色のコントラストがとても綺麗です。今日は土曜日ということもありトラックの往来は少ないですが、動いているユンボも遠くには見えます。


海を正面に右側を見ると、あっという間に水田と、段々とした区画整理が出来てきています。片山住職いわく、このあたりには畑ができる予定なのだそうです。


今日は本当に天気が良いです。市内ではイベントが開かれているようで、そちらもお客様が沢山お出かけなのではと考えております。


2018年5月23日水曜日

本日の地福寺(2018年5月23日、くもり)


本日の地福寺周辺はくもり、締め切ると少し蒸しますが、風の通るところは肌寒いくらいです。寺務所では東山副住職が塔婆を書いています。スタッフが寺務所から外を眺めていると、ある変化に気が付きました。


ここ数年来では見られなかった、大きな変化です。これまでは高く積まれた土盛りの場所が変わったり、ということはありましたが、今回はなんと、田んぼが整備されています。すでに水が張られており、秋に金色の稲穂が綺麗に波打つのが目に浮かぶようです。

奥にはビニールハウスが見えますし、農地化が進んでいるのがご覧いただけます。

東日本大震災のことは絶対に忘れてはいけませんが、これからの当地の、四季折々の景色が楽しみになってきますね。

2018年5月15日火曜日

本日の地福寺(2018年5月15日、快晴)



本日の地福寺周辺、もといかなり広い範囲で快晴となっているようです。気温もどんどん上がり、25度以上の夏日となっています。国道を通る車も窓をあけるなりして、初夏の様子が見て取れます。今日は暑いですね。



海に目を遣ると、今日は白波が全く見えません。海も暑さでだれているのでしょうか。周辺では測量をやっている現場や、トラックが行き来している様子が見えます。

先日から、片山住職による地福寺の御朱印を紹介させていただいております。ご参拝・御朱印のページで詳しくご説明させていただいておりますので、ぜひご覧ください。

2018年5月10日木曜日

本日の地福寺(2018年5月10日、くもり)


本日の地福寺周辺はくもり、時折弱い雨が降ってくる一日でした。最近は季節が少し戻ったように肌寒い日が続きましたが、今日は過ごしやすい位の気温でした。

連休明けの地福寺は、いつもの様子を取り戻しています。

明日は2011年3月11日の東日本大震災の月命日です。


2018年5月5日土曜日

地福寺の絵付き御朱印 - イラストレーター・Aさん その3

「おぉ・・・」

スタッフのどよめきが花園会館におこりました。先程の十一面観音のイラストは、朱印だったのです。トレースして輪郭線が簡略化した十一面観音はすぐさま筆で描かれ、優しい表情が描かれるとすっかり片山住職の味のあるイラストになりました。

そして、今度は白紙の状態からスラスラと書き始めた線はあっという間に「めげない にげない くじけない」だるまになってしまいました(参照)。

ご覧のような朱印を用意しております。朱印を集めているかた、ぜひ地福寺にいらっしゃった際にはお声がけください。
なお、準備があります関係で、いらっしゃる前日までにご連絡を頂けますよう、お願いいたします

地福寺 0226-27-2163

詳しくは地福寺のご参拝・御朱印についてのページをご覧ください。


イラストレーター・Aさん その2


イラストレーター・Aさん その2ということで、片山住職が「めげない にげない くじけない」のだるまを描く様子を動画で撮影しました。あっという間に書き上げてしまう様子をぜひご覧ください。

イラストレーター・Aさん

今日、四国からいらっしゃったお客様からのリクエストで、朱印にイラストを付けて欲しい、ということで、久々に片山住職が「めげない にげない くじけない」のだるまを書いてお渡しした、ということがありました。

その時、片山住職の心に火が付いたようで、難避け十一面観音の写真のトレースから新しいイラストの制作がスタートしています。

これがどのようなイラストになるか、またご紹介をさせていただきますので、どうぞおたのしみに。

そして、そのお客様のリクエストで潮吹岩の写真を掲載させていただきます。潮の満ち引きや波の高さなど、うまく吹き上がらない時もありますが、大音響とともに吹き上がる様子はぜひ生でご覧いただきたいです。地福寺の近く、岩井崎の突端で見られます。


5月27日 国宝 瑞巌寺(松島)で婚活(瑞巌寺 本堂 平成の大修理 落慶記念)

お寺で仏教文化を体験しながら、
気軽に出会いの輪を広げましょう

おかげさまで発足8年。定員に対して数倍のお申込みをいただく人気企画となり、発足の地である静岡県西部のほか、東京、名古屋、岐阜、仙台、大分、京都北でも開催中です。臨済宗の若いお坊さんたちが、一所懸命運営しております。どうぞお気軽に、お申込みいただければ幸いです。
  • お坊さんが、あなたの出会いをお手伝いします。
  • お寺が仲介しますので安心です。
  • 入会費・年会費・成婚費など一切ありません。
  • 多くの地域から参加しますので気兼ねなくどうぞ。

仙台圏の臨済宗寺院100か寺の合同企画
瑞巌寺 本堂 平成の大修理 落慶記念

国宝 瑞巌寺で婚活


本日の地福寺(2018年5月5日、雨のち晴れ)

 本日の地福寺周辺は雨のち晴れ、午前中は小雨がぱらついていましたが、午後になると晴れて風が吹いています。ご覧のように強い日差しが差し込んでいますが風が冷たいので涼しく感じます。

こどもの日、ということもあり、気仙沼市内では沢山のイベントが行われ、観光客もたくさん出ているようです。
海に目を遣ると、今は水平線がくっきりと見えています。風が強いぶん、白波が立っているのが見えますが、こんな日はサーフィンなどをする人もいるのでしょうか。今日はとても良い日和ですね。

副住職は今日は終日お出かけ、住職は今日も調子が良いようで来客の対応などで過ごしています。この連休中は四国やハワイからもお客様がいらっしゃり、地元では段々と風化しつつある、2011年の東日本大震災のことを思い出させてくださいました。沢山の方が今でも当地に心寄せてくださり、本当にありがとうございます。

2018年4月22日日曜日

本日の地福寺(2018年4月22日、快晴)


本日の地福寺周辺は快晴、全国的には夏日のようですが、意外と気仙沼は涼しいです。道の駅には観光客が大勢、半袖の方は寒いのでしょう、肩に大きなタオルをかけている姿もちらほらと見られました。


今日は片山住職はかなり加減が良い様子で、声に力もこもり、表情もとても朗らかです。食事もかなり楽な様子で、一同ほっとしております。


そして境内の桜は(やはり連休までは待ってくれませんね・・・)もう葉桜になってしまいました。ご覧の通り、まだ少しだけ咲いておりますので、いらした際はぜひご覧になってみてください。

天気が良くて涼しくて、海辺で弁当を広げたりもいい。そんな陽気です。

大城バネサの新曲「長良川悲恋」



大城バネサさんといえば気仙沼、三陸沿岸ではすっかりおなじみの歌手ですね。

地福寺でもヒット祈願をさせていただいたこともあり、片山住職も応援しております。

毎年、8月になるとさんま漁船の出船式では格好いい法被とゴム長靴の出で立ちで勇ましく演歌を歌う大城さんですが、2018年4月25日に新曲「長良川悲恋」を発表されます。

岐阜県に流れる長良川を舞台にした純愛物語。「愛しているから 別れるの」長良川の景色に辛い恋の別れを重ねた曲です。

この記事の上にも掲載しましたが、Youtubeでもご覧いただけます。カラオケの練習にもいいですね♪


5月19日 森村献スペシャル with MAKOTO

気仙沼では何と12回目!となる、ラテン音楽に浸れるコンサートのご案内です。

森村献スペシャル with Makoto(Vo)

日本のラテン音楽界ではもはや知らない方はいない、ピアニスト森村献(もりむらけん)氏が率いる森村献スペシャルのコンサートが、5月19日(土)19時から、気仙沼市港町のカフェK-portにて開催されます。

2011年の東日本大震災から、毎年気仙沼に足を運んでくださっており、氏の名前をご存知の方ももうすっかり多くなったのではと思います。

今回もベーシストの小泉哲夫氏、パーカッションの伊波淑氏をバックに、熱いラテンを奏でていただけるはずです。また、今回はゲストにMakoto氏を迎え、よりリズミカルで心躍る灼熱のセッションを楽しめることでしょう。


  • 森村献スペシャル with Makoto(Vo)
  • 日本を代表するラテンミュージシャンによる熱き音楽の夕べ
  • 日時:2018年5月19日(土)19〜21時(開場18:30)
  • 開場:K-port(気仙沼市港町1-3)
  • 入場料:予約2,500円、当日3,000円(1ドリンク付、中学生以下無料)
  • Facebookページ:森村献スペシャル with Makoto

2018年4月11日水曜日

本日の地福寺(2018年4月11日、くもり)


本日の地福寺周辺はくもり、雨の予報でしたが夕方になって陽がさしてきました。花粉症のスタッフもくしゃみがおさまり、気仙沼市内は桜が咲いてきています。ようやく春が来たようです。

東山副住職はマスクをしています。聞くと少し風邪を引いてしまったとのこと。もう治りかけだということですが、季節の変わり目は体調を崩しやすいですので、皆様もご自愛ください。


海に目を遣ると、白波が立っているのが見えますがそれほど大きくはありません。水平線がぼやけているところを見ると、沖は雲が厚いのでしょうか。


そして境内の桜はというと、ついに蕾が開きはじめました。見頃はあっという間に来て、きっと連休前には葉になってしまうのでしょうか。今週末は天気が悪い予報が出ていますが、なんとか桜が散らない程度に収まればいいですね。

2018年4月7日土曜日

本日の地福寺(2018年4月08日、くもり)


本日の地福寺周辺はくもり、数日前から気温が下がり、寺務所では久々にストーブが活躍しております。時折降る小雨が寒いので、今日はホットコーヒーでひと息、おしゃべりしながら過ごしております。

寺務所から目を遣ると、空には雲が広がっていて、海上には白波が立っているもののそれほど大きくはないようです。


そして境内の桜です。毎週写真を撮影しているのですが、ついに蕾から濃いピンク色が見えました。仙台でも満開になっていますが、毎年当地では4月の中旬から下旬ころに桜が咲きます。地福寺の境内で桜が観られるのは、再来週頃でしょうか。

3月29日 東山貴道副住職の入寺式をとり行いました

さる3月29日、地福寺本堂にて東山貴道副住職の入寺式が執り行われました。

地福寺にご縁深きお寺さんの皆様や、檀家の皆様に見守られ、東山副住職が香語を述べ、正式に地福寺の副住職となりました。

東山副住職の香語を掲載させていただきます。



地福法燈照海辺
青龍命脈熟因縁
發心貫徹導檀信
歴歴餘芳萬世傳

地福の法燈 海辺を照らす
青龍の命脈 因縁を熟す
發心貫徹し 檀信を導く
歴歴たる餘芳は 萬世に傳う

片山住職に、東山副住職という大変大きな力が加わりました。今後とも、地福寺をどうぞよろしくお願いいたします。


2018年3月21日水曜日

3月25日 難避け十一面観音 大般若祈祷会



3月25日日曜日午前11時より、地福寺本堂にて 難避け十一面観音 大般若祈祷会をとりおこないます。

主に国の繁栄や除災招福を祈願し、大般若経六百巻を一巻ずつバラバラと翻して読む(転読:上動画、東山副住職にご出演いただきました)祈祷をする法会です。


今回は久々(東日本大震災後は初)の開催となります。どなた様もご参加いただける法会ですので、皆様お誘い合わせの上お参りください。

彼岸会供養(春のお彼岸は24日まで)


本日、地福寺の本堂では春の彼岸会供養をとりおこなっています。
東山副住職が朗々と唱える般若心経からおつとめが始まっています。

(恥ずかしながら)ホームページの更新スタッフは片山住職と東山副住職がおふたりでおつとめされるのを拝見するのがはじめてだったのですが、東山副住職の安定感のある声の上に片山住職の張りのある声が重なり、お互いに尊重しあっている様子がとても感じられる、素晴らしい師弟関係だなと感じました。

本日の地福寺(2018年3月21日、くもり)

本日の地福寺周辺はくもり。今日は全国的に寒い一日になっているようです。気仙沼も気温が下がり、朝からストーブが大活躍です。暑さ寒さも彼岸まで、という言葉がありますが、お彼岸が開ける今週末からは暖かくなるのでしょうか。

朝から境内には、お墓参りのご家族が大勢いらっしゃっています。「今日はなんだか賑やかだな」とカラスも遠巻きに境内を見つめているようです。


今日は、恒例の「春の彼岸会供養」です。お彼岸は、亡き方を御縁として、ともに仏道精進を励む大切な日です。

 

本堂には春を告げる吊るし雛を飾りました。この後10時より、彼岸会供養をとり行います。


境内には沢山のお花が供えられています。お彼岸の色です。


そして定点観測している、寺務所の目の前のさくらの蕾も撮影してみました。ピンク色が段々出てきていますね。春が楽しみです。