地福寺(気仙沼)

地福寺(気仙沼)
「めげない にげない くじけない」地福寺のサイトへようこそ

2017年3月18日土曜日

本日の地福寺(2017年3月18日、くもり)


今日の地福寺周辺はくもり、風はそれほど強くなく寒さも緩んで春の兆しを感じる一日となりました。先週は東日本大震災の物故者七回忌を行いましたが、今日には気仙沼の屋台村が閉村式を行うそうで、ほっとしたような、心細いような、複雑な気持ちがいたします。→「2013年 9月1日 復興屋台村JAZZナイトを開催いたしました


海に目を向けると、ところどころ白波が見えますが概ね穏やかなようです。もしかすると毎回目を凝らしている方は気付かれるかもしれませんが、目の前に見えていた工事現場の事務所が撤去され、更地になりました。ますますだだっ広い感じになってしまいました。


地福寺の玄関では、新しい生花がお出迎えしています。この活け花は池坊師範の鈴木優月さん(地福寺花園会女性部れんげの会の庶務をつとめられています)が定期的に活けてくださっているものです。(関連記事:「地福寺の玄関には季節ごとに綺麗な花が活けてあります

1 件のコメント:

  1. 初めまして。岩手県大船渡市三陸町越喜来在住のもので、気仙沼周辺の猫の伝説及び、気仙沼波路上舘の生まれとされる水沢正法寺の月泉良印について調べている関係で、波路上の古刹である地福寺様の歴史についても調べており気になったことがありましたので、コメントさせてもらいました。
    地図を確認すると延喜式内社に比定される気仙沼大島の大島神社を中心として、こちらの地福寺と、同じく地蔵菩薩を本尊とする唐桑町馬場の地福寺は裏表の鬼門を護るように対になっているようなのですが、両寺は何か関係や謂れがあるのでしょうか。よろしければご教授願えれば幸いです。

    返信削除